オルスケラトロジーについて詳しく解説しています。

視力回復コンタクト?「オルスケラトロジー」のメリット・デメリット

オルスケラトロジーとは?

目をよくする方法ってある?人気の視力回復法をまとめてみました」では、現在のところ近視を回復する治療法はない、という旨をお伝えしましたが、比較的軽度の近視の場合に限って、コンタクトを装用することで視力回復が望める「オルスケラトロジー」という方法があります。

オルスケラトロジーは、1960年代に開発が始まって2000年以降に実用した新しい治療法で、特殊なハードコンタクトレンズを寝ている間に装用することで翌日の視力を矯正するというもの。普段はハードコンタクトをつけたまま寝てしまうと翌日恐ろしいことになると耳が痛いほど言われ続けて来た私たちにとっては、にわかに信じがたい方法ですね。しかしこれは、私たちが日中につける通常のハードコンタクトよりもさらに酸素透過性を高めた専用のレンズなので、夜つけていても安心です。寝ている間に目の表面にある角膜を安定させることで屈折異常を矯正する、という仕組みになっています。

オルスケラトロジーのメリット・デメリット

その仕組みを知るにつけ、オルスケラトロジーは本来治らないはずの近視を矯正することができるという夢のような話に聞こえますね。しかしやはりこの新しい治療法にもメリットとデメリットがあります。それぞれ考えてみましょう。

オルスケラトロジーのメリット
いちばん大きなメリットは、起きている間にメガネやコンタクトなどの矯正器具をつける必要がなくなるという点です。角膜を削ることによって視力を矯正するレーシックよりも、目にかかる負担もリスクもかなり少ない方法であると言えます。
オルスケラトロジーのデメリット
一方、最大のデメリットは矯正がきいている時間に制限があるということ。ひと晩矯正用のレンズをつけて翌日に効果が出る、というものであるため、つけて寝るのを忘れてしまった翌日は、視力はもとに戻っています。また、比較的軽度の近視であるなど一定の条件をクリアした場合にしか適用できない方法であるため、すべての人が利用できるわけではありません。

オルスケラトロジーをしたい場合は?費用は?

オルスケラトロジーをやってみたい!と思ったら、まずは対応している眼科を探すことから始めましょう。治療が始まったら定期的にその眼科に通うことになるので、自宅や仕事場などから近いところで探すといいですね。

対応している眼科を受診し、オルスケラトロジーを開始することが決まったら、まずは矯正用のレンズを作ります。これはその治療を受ける患者1人ひとりに専用のオーダーメイドレンズです。定期検診を受けながらこのレンズを継続的に毎晩使用することで、安定した視力を保つことができます。

この治療法は厚生労働省の認可を受けたもので、医療費控除の対象になるものですが、保険適応外になるため少々治療費は高くなります。目安としては、両目のレンズ代金が15万円ほど、それに加えて3ヶ月に一度、1回3,000円程度の診療費がかかります。レンズの耐用年数は通常のハードレンズと同じく3〜4年なので、時期が来たら新しいレンズを作り直さなければなりません。レンズの交換は初回よりも安く5万円程度なので、最初にレンズを作ってしまえば、あとは3〜4年に1度のレンズ交換代と3ヶ月ごとの診療費がかかる、と思っておけばいいでしょう。

おすすめのワンデーコンタクトレンズを比較!

商品名 ルーナ クリアワンデー ワンデーピュアうるおいプラス ワンデーアキュビュートゥルーアイ メダリストワンデープラス エルコンワンデーモイスチャーUV
付け心地 潤いが続く 装用時の違和感がなく快適
1日中目が渇く感じがなく汚れもつきにくい 目に異物が入っている感覚がまるでない 視界がクリアでとても見えやすい コントラストがクリアで見えやすいが1日つけていると疲れてくる
含水率 55% 58% 46% 59% 38%
レンズ素材※汚れへの強さ イオン性 イオン性 シリコーンハイドロゲル 非イオン性 非イオン性
酸素透過性 薄型・高含水・マルチカーブデザインのレンズで酸素供給がよい 薄型・高含水レンズで酸素を多く届ける 新素材のシリコーンハイドロゲルで裸眼時のように酸素が届く 1日中つけた場合に必要な酸素透過率をぎりぎりクリア 酸素透過率はかなり低く、1日中つけるには望ましくない
価格税込 1,944円
1箱あたり
2,354円
1箱あたり
2,700円
1箱あたり
2,570円
1箱あたり
1,598円
1箱あたり
口コミ評価