実際のところレーシックってどうなの?手術内容や安全性を検証

実際のところレーシックってどうなの?手術内容や安全性を検証

レーシックとはどんなもの?

レーシック(Laser in Situ Keratomileusis=Lasik)とは、エキシマレーザーという種類のレーザーを使って、目の角膜を薄く削り取ることによって屈折力を調整し、視力を回復させる手術です。
アメリカでは古くから行われて来た視力回復手術で、その症例は年間130万件にのぼるそうです。日本では2000年に厚生労働省がエキシマレーザーの安全性を認めたことにより、レーシックという手段が視力矯正の1つとして一気に採用され始めました。その結果、現在では日本でも年間約45万件のレーシック手術が行われるに至った年もあります。
レーシック手術では近視だけでなく、乱視や遠視も矯正できることから、厚生労働省の認可が下りて以降、一時期はかなりの話題を呼びました。1日の日帰り手術で行えるという手軽さに加えて、施術費用も40〜50万円のものもあれば10万円を切るものまで、その価格帯も幅広くなっています
しかしいくら日帰りで比較的安価に行えるとは言え、レーシックは目の手術です。そのメリットとデメリットをしっかり把握した上で行う必要がありますね。

レーシックのメリット・デメリット

○レーシックのメリット
レーシックの最大のメリットは、術後にメガネやコンタクトレンズなどの視力矯正器具から解放され、裸眼で過ごすことができるという点でしょう。これは長きに渡って視力矯正をしてきた人からすると信じがたい夢物語のように聞こえます。またコンタクトやメガネの本体料金、検診料金、そしてケア用品にかかる費用がレーシック手術によってすべて不要になると考えると、コスト換算してもずいぶんお得かもしれません。
そして、私たちのような裸眼視力が低い者たちにとっての恐怖は、地震などの災害時です。枕元にメガネを置いて寝たりするなどして対策を立てている人もいると思いますが、万が一大地震がやって来たら、そのメガネを探し出せる状況かどうかもわかりませんよね。
災害時に裸眼でいられるということは大きな不安を取り除く重大な要素の1つです。

○レーシックのデメリット
一方、レーシック手術にはいいことばかりではありません。手術では角膜を削るため、術後ドライアイに悩まされるといった例もあります。また、レーシックをやったことで夜間、車のライトや街灯がまぶしく感じたり、あるいは夜になるとものがにじんで見えたりする症状が出ることがあります。そしてこれは上記のドライアイと違って、一定期間経っても緩和されることはないようです。また、目標の視力よりも過剰に見えるようになったり、逆に目標に到達しなかったりといった誤差もあるほか、数週間で元の状態に戻ってしまったといった例もあります。実際に5〜10%の人がこうした理由で再手術を行っています。

レーシックを受ける人が激減した理由

医療法人弘鳳会の専門医のコラムによると、レーシック手術の数は2018年現在減少の一途をたどっているようです。平成20年には年間45万件に達したレーシックの症例数も、その翌21年からは減少し始め、26年の時点では約5万件というピーク時の9分の1の数に激減しています。その理由として以下のような要因が指摘されています。

①保険が適用されないため手術費用がやはり高額である点
②ドライアイや夜間の視力低下などのリスクがある点
③過矯正によって視力が高くなりすぎ、吐き気や頭痛を引き起こすリスクがある点

やはり上記に挙げたデメリットが主な減少の要因となっているようですね。一時期一気に広まったレーシック施術を行う医院の中には技術力が低い医師や、手術だけを行ってフォローは無しといった医師もいるようで、レーシックによって起こった合併症に苦しみながら再手術先を探して病院を転々とするといった事例も少なくないようです。
ただ、こうしたリスクを承知した上で、いい病院を探して手術が成功すれば、夢の裸眼生活が待っています。何を選ぶにしても、事前の調査とリスクの把握はしっかり行っておきましょう

おすすめのワンデーコンタクトレンズを比較!

商品名 ルーナ クリアワンデー ワンデーピュアうるおいプラス ワンデーアキュビュートゥルーアイ メダリストワンデープラス エルコンワンデーモイスチャーUV
付け心地 潤いが続く 装用時の違和感がなく快適
1日中目が渇く感じがなく汚れもつきにくい 目に異物が入っている感覚がまるでない 視界がクリアでとても見えやすい コントラストがクリアで見えやすいが1日つけていると疲れてくる
含水率 55% 58% 46% 59% 38%
レンズ素材※汚れへの強さ イオン性 イオン性 シリコーンハイドロゲル 非イオン性 非イオン性
酸素透過性 薄型・高含水・マルチカーブデザインのレンズで酸素供給がよい 薄型・高含水レンズで酸素を多く届ける 新素材のシリコーンハイドロゲルで裸眼時のように酸素が届く 1日中つけた場合に必要な酸素透過率をぎりぎりクリア 酸素透過率はかなり低く、1日中つけるには望ましくない
価格税込 1,944円
1箱あたり
2,354円
1箱あたり
2,700円
1箱あたり
2,570円
1箱あたり
1,598円
1箱あたり
口コミ評価