コンタクトレンズはソフトとハードどちらがオススメなのか詳しく解説しています。

コンタクトレンズはソフトとハードどっちがおすすめ?

コンタクトレンズのソフトとハードの違いとは?

コンタクトレンズを選ぶとき、皆さんが基準とするポイントはなんでしょうか。「1day・2week・1month 使い捨てコンタクトレンズはどれがおすすめ?」で解説したように使用できる日数で選ぶこともポイントとなりますが、ソフトレンズとハードレンズで悩む方も多いはずです。1dayや2weekは、衛生面の管理のしやすさや、使う頻度など生活スタイルによって合うものを選んでいくことになります。一方で、ソフトにするかハードにするかは生活スタイルというより単純な使い心地も絡んでくるところです。

ソフトとハードの最大の違いは、やはり名前の通りレンズの柔らかさですが、柔らかさの違いだけでなくソフトとハードにはそれぞれメリットとデメリットがあるので説明していきます。

ソフトレンズのコンタクトのメリット・デメリット

ソフトレンズは水を含む柔らかいプラスチックを使った素材でできており、サイズは角膜(黒目)をすっぽりと覆うほどで、結膜(白目)の部分まで届きます。レンズが柔らかいために装着しても異物感を感じにくいですし、ズレにくく、落ちたりもしにくいため、スポーツなど激しい動きをする方に向いています。

黒目を覆いきってしまうことから以前は酸素透過性の低さが問題視されていましたが、新素材のシリコーンハイドロゲルを使用したソフトレンズは酸素透過性が高く、ハードレンズとあまり変わりません。

ただし、ハードレンズに比べると視力矯正の度合いが小さいことや、乱視矯正がしにくいことはデメリットです。また、2~3年が使用限度となるハードレンズに比べて、1dayや2weekが多いソフトレンズはどうしてもランニングコストが高くなることは覚えておきましょう。

ハードレンズのコンタクトのメリット・デメリット

ハードレンズの素材は硬いプラスチックであり、ほとんど水分を含みません。ソフトレンズが黒目をすっぽり覆うサイズであるのに対して、ハードレンズは黒目よりもサイズが小さく、酸素透過性が高いので、目にかかる負担が少ないことが特徴です。耐久性も高く、2~3年は使い続けることができるため、ランニングコストの面でも優秀。手入れも簡単です。さらに乱視矯正もしやすいなど、視力の矯正効果が高いところも嬉しいポイント。

ただし、ハードレンズは異物感が強く慣れるまでに2週間ほどかかることがあり、どうしてもハードレンズは使えない、という方もいます。ズレやすさや落ちやすさからスポーツにも向きません。場合によっては割れてしまったり、異物が目に入ったときはソフトレンズとは比べ物にならないほど痛いのもデメリット。使用用途や痛みに耐えられるかどうかなどを考えて選んでいきましょう。

おすすめのワンデーコンタクトレンズを比較!

商品名 ルーナ クリアワンデー ワンデーピュアうるおいプラス ワンデーアキュビュートゥルーアイ メダリストワンデープラス エルコンワンデーモイスチャーUV
付け心地 潤いが続く 装用時の違和感がなく快適
1日中目が渇く感じがなく汚れもつきにくい 目に異物が入っている感覚がまるでない 視界がクリアでとても見えやすい コントラストがクリアで見えやすいが1日つけていると疲れてくる
含水率 55% 58% 46% 59% 38%
レンズ素材※汚れへの強さ イオン性 イオン性 シリコーンハイドロゲル 非イオン性 非イオン性
酸素透過性 薄型・高含水・マルチカーブデザインのレンズで酸素供給がよい 薄型・高含水レンズで酸素を多く届ける 新素材のシリコーンハイドロゲルで裸眼時のように酸素が届く 1日中つけた場合に必要な酸素透過率をぎりぎりクリア 酸素透過率はかなり低く、1日中つけるには望ましくない
価格税込 1,944円
1箱あたり
2,354円
1箱あたり
2,700円
1箱あたり
2,570円
1箱あたり
1,598円
1箱あたり
口コミ評価