コンタクトレンズは処方箋なしでOK?ネット通販の手順や注意点を紹介

コンタクトレンズは処方箋なしでOK?ネット通販の手順や注意点を紹介

ネット通販でコンタクトを購入するメリット

かつてコンタクトを作るときには誰もが眼科併設のお店でレンズを購入していました。しかし今ではネット通販でコンタクトレンズを購入することもできます。ソフトコンタクトの使い捨てタイプを使用している人などは、現在使用しているものを頻繁に買い足すこともあるでしょう。そういった時にネット通販を使えれば、いちいちお店に出向いていかなくてもレンズが買えて便利!と思う人は多いと思います。
しかし、本来コンタクトレンズは眼科で検診および処方を受けて購入しなければなりません。これは目の健康と安全を守るために推奨されていることであり、実際にネットショップでも処方箋やそれに変わる装用指示書がなければ売ってくれないところもあります。
現在自分がすでに使っているのと同じレンズを買い足す場合に、ネットで同じ商品を探し、ワンクリックで購入できるというのは大きなメリットに感じられるかもしれませんが、やはり基本的にはレンズ購入時は一度眼科で検診を受けてからと考えてくことが、自分の目を守るためには重要であると思います。

ネット通販の購入手順と注意点

ネット通販でのコンタクトレンズ購入は以下の手順で行います。

①眼科で検診を受け、処方箋または装用指示書を出してもらう
②購入するレンズのタイプを選び、それが売っているネット通販のお店を探す
③指示書や処方箋に書かれた度数などの数値を入力してレンズを注文する
④届いた商品が注文したものかどうかを確認後、合っていれば装用する

現在すでにレンズを装用していて、それと同じものを購入する場合は、手順③で製品のパッケージに明記されているレンズ情報(度数やベースカーブ、直径、軸、乱視度数、加入度数など)を入力することで購入できる場合もあります。
ただし、上記でも触れたように、レンズ購入の際には買い足しの場合でも定期検診のつもりで一度眼科を受診したほうがいいでしょう。処方箋がなくてもレンズを売ってくれるお店もありますが、処方箋またはそれにかわる装用指示書の提示を求めるショップもあります。あるいは処方箋を提示した場合とそうでない場合によって価格が変わり、処方箋がない場合は販売価格が高くなるという商品もあります。

製品の変更を検討するタイミングは?

コンタクトレンズが自分に合っていると感じているなら、推奨される装用期間が過ぎたり、または割れたり破れたりした場合はまた同じレンズを購入するという人が多いでしょう。

レンズを変更する理由としては以下のようなものが考えられます。
○ 近視や乱視、遠視あるいは老眼などが進んで見えにくくなった
○ 目がよくなってきて現在のレンズだと見えすぎて頭痛がするようになった
○ 現在のレンズにはない魅力的な新機能をもつレンズが開発された
○ ライフスタイルがかわってハードからソフトに変更する必要が出て来た

いずれにしても、新しいレンズにしてみることで快適さがアップするならそれに越したことはありませんよね。また、実は少しずつ見えにくくなっているのに、惰性でずっと同じレンズを使い続けているといった人もいるかもしれません。そういった場合も含めて、数ヶ月に一度は新製品をチェックしてみたり、今のレンズで本当に合っているかどうかを確認してみたりするといいですね。
また、新しいレンズにする際には、ネット通販で自分で選んで購入するのではなく、必ず一度眼科を受診して医師に相談するようにしましょう。

おすすめのワンデーコンタクトレンズを比較!

商品名 ルーナ クリアワンデー ワンデーピュアうるおいプラス ワンデーアキュビュートゥルーアイ メダリストワンデープラス エルコンワンデーモイスチャーUV
付け心地 潤いが続く 装用時の違和感がなく快適
1日中目が渇く感じがなく汚れもつきにくい 目に異物が入っている感覚がまるでない 視界がクリアでとても見えやすい コントラストがクリアで見えやすいが1日つけていると疲れてくる
含水率 55% 58% 46% 59% 38%
レンズ素材※汚れへの強さ イオン性 イオン性 シリコーンハイドロゲル 非イオン性 非イオン性
酸素透過性 薄型・高含水・マルチカーブデザインのレンズで酸素供給がよい 薄型・高含水レンズで酸素を多く届ける 新素材のシリコーンハイドロゲルで裸眼時のように酸素が届く 1日中つけた場合に必要な酸素透過率をぎりぎりクリア 酸素透過率はかなり低く、1日中つけるには望ましくない
価格税込 1,944円
1箱あたり
2,354円
1箱あたり
2,700円
1箱あたり
2,570円
1箱あたり
1,598円
1箱あたり
口コミ評価