老眼の人に適したコンタクトレンズはどれ?遠近両用メガネとの違い

老眼の人に適したコンタクトレンズはどれ?遠近両用メガネとの違い

老眼ってどんな症状?

お父さんやお母さん、あるいは見知らぬ誰かでも、新聞やスマホの文字を読むときに少し離して見るようにする仕草、見たことがありますよね。近視の場合は見えにくいときに対象に近づくことで見えやすくなりますが、その逆で近くが見づらくなるというのが老眼の症状です。同じように近くが見えづらくなる遠視と症状は似ていますが、屈折異常によって起こる遠視や近視と、加齢によって水晶体や毛様体という筋肉が硬くなることで起こる老眼とはメカニズムが違います。
また、老眼の症状は近くが見えなくなることだけではありません。無理に小さな文字にピントを合わせようとすることによって疲れ目が起こったり、その眼精疲労によってかすみ目が起こったりするほか、頭痛や肩凝りなども老眼の症状として報告されています。

しかし近くが見えにくくなること以外の老眼の症状の多くは、老眼を矯正せずに無理矢理見えないものを見ようとすることによって起こる二次災害のようなものです。加齢によって起こる老眼はだいたい40歳を超えた頃から発症し始めるのが一般的ですが、始まる年齢には個人差があるため、なり始めの頃にそれと気づかず、矯正しないまま過ごすことで様々な症状を呼び込んでしまうと言えるでしょう。

老眼に適したコンタクトレンズとは?

さて、老眼を矯正するとなると、本を読んだり新聞を読んだりするときにかけるあの虫眼鏡のようなレンズの入った老眼鏡を思い浮かべる人が多いでしょう。しかし今は老眼による近くの見づらさも、近視による遠くの見えにくさもどちらも調整できる「遠近両用レンズ」なるものが開発されています。

遠近両用コンタクトレンズいろいろ

遠近両用のコンタクトレンズは、ハード、ソフト、ソフト1day(使い捨て)、ソフト2weekなど、いろいろな種類で出ています。近視+老眼に加えて乱視もある場合はハードレンズのほうが視力が出やすいと言われていますが、乱視の強さによってはソフトレンズで十分矯正できるものもあります。どのタイプのレンズが合うかは使う人の目の状態によりますので、眼科で相談してみてから合うものを選ぶようにするといいと思います。

遠近両用、メガネとコンタクトどっちがおすすめ?

メガネとコンタクトでは、同じ遠近両用でもレンズの仕組みが違います。遠近両用メガネはレンズ上部が遠くを見る用、レンズ下部が近くを見る用に分かれているため、メガネはかけたままで視線の高さを使い分けることによってそれぞれピントを合わせます。一方、コンタクトレンズは見ようとしているものに対して反応する脳の仕組みを利用してピントを合わせるよう作られているため、メガネのように視線を切り替える必要はありません

老眼を進行させたくない!対策は?

少しずつ近くが見えにくくなり、加齢と共に進行していくのが老眼ですが、一般的には40歳頃から始まって65歳頃まで進行し、その後は安定すると言われています。しかし始まる年齢や進行の度合いには個人差があり、早くからなりやすい人、なりにくい人、進行の遅い人、速い人、いろいろです。
老眼は目のピントを合わせる筋肉の衰えによるものなので、できるだけ筋肉が老化しないよう、遠くと近くを交互に見たり、目を開けたり閉じたり、眼球を回したりする「目の運動」が効果的とも言われています。そして始まった老眼の進行を早めないようにするには、自分に合うよう調整してもらって作ったメガネやコンタクトで早めに矯正することが重要です。
週末老眼や夕方老眼のように1日あるいは1週間のうちの決まった時間帯だけ見えにくくなる老眼や、スマホの使いすぎによって若くして発症するスマホ老眼なるものもあります。見えにくいな、と感じたら早期に矯正することが進行させないための最大の防御になりますので、早めに眼科でチェックしてもらうようにしましょう。

おすすめのワンデーコンタクトレンズを比較!

商品名 ルーナ クリアワンデー ワンデーピュアうるおいプラス ワンデーアキュビュートゥルーアイ メダリストワンデープラス エルコンワンデーモイスチャーUV
付け心地 潤いが続く 装用時の違和感がなく快適
1日中目が渇く感じがなく汚れもつきにくい 目に異物が入っている感覚がまるでない 視界がクリアでとても見えやすい コントラストがクリアで見えやすいが1日つけていると疲れてくる
含水率 55% 58% 46% 59% 38%
レンズ素材※汚れへの強さ イオン性 イオン性 シリコーンハイドロゲル 非イオン性 非イオン性
酸素透過性 薄型・高含水・マルチカーブデザインのレンズで酸素供給がよい 薄型・高含水レンズで酸素を多く届ける 新素材のシリコーンハイドロゲルで裸眼時のように酸素が届く 1日中つけた場合に必要な酸素透過率をぎりぎりクリア 酸素透過率はかなり低く、1日中つけるには望ましくない
価格税込 1,944円
1箱あたり
2,354円
1箱あたり
2,700円
1箱あたり
2,570円
1箱あたり
1,598円
1箱あたり
口コミ評価