乱視の人に適したコンタクトレンズはどれ?【乱視チェックリストあり】

乱視の人に適したコンタクトレンズはどれ?【乱視チェックリストあり】

あなたは乱視?簡単セルフチェック

近視がひどくなったと思ってメガネやコンタクトを作りに行ったら、乱視だと言われて驚いた!という人は結構いるんじゃないでしょうか。近視は多くても乱視の人は少ない、というイメージを持っている人が多いようですが、実はまったく乱視がないという人のほうが珍しく、ほとんどの人は乱視の度合いが大きいか小さいかの差なのだそうです。そんな誰にでもある乱視ですが、その度合いが大きければそれに合う視力矯正をしなければなりませんよね。そこで、乱視チェックリストをやってみましょう!

1夜空を見上げると月や星がにじんだように見える
2パソコンのモニターに表示された文字が二重に見えることがある
3時計の長針や短針がそれぞれ2本ずつあるように見えることがある
4数字やアルファベットの文字の似た形の区別がつきにくいことがある
5運転中に標識の文字が見えにくいと感じることがある
6気がつくと見えにくいときに目を細めている
7見えにくいと感じたときに近づいてもはっきり見えない

ダブって見えたり二重に見えたりするのだけが乱視というわけではなく、遠い近いに関わらずぼやけたり見えにくかったりズレて見えたり、いろんな表れ方をするのが乱視の特徴です。また乱視はぼやけ方が見る場所によって異なり、近視や遠視と違ってピントが合う距離というものがありません。また、明るい昼間は少し見えやすくなり、夜暗くなると見えにくくなります。上記のリストで複数あてはまった人は乱視の度合いが強くなっている可能性があるので、生活に支障をきたしている場合は眼科を受診してみてください。

矯正しなくてもいい乱視、したほうがいい乱視

先ほど乱視は誰にでもあるもので、その度合いの差によって見え方が変わるという件について少し触れましたが、乱視は近視や遠視と違って明るさや見る対象によって見え方が複雑に異なるので、その度合いも含めて感じ方は人それぞれです。そのため、乱視を矯正すべきかどうか、どのくらいになったら矯正したほうがいいか、ということに関するオールマイティーな基準はなく、矯正したほうがいい乱視というのは「本人が感じる不快さが生活に支障をきたす乱視」と言えます。
乱視による不快さには、物がよく見えないというだけでなく、疲れ目につながるかどうかも含まれます。というのは、乱視が強くなればなるほど脳はそのピントの合わない画像を修正しようとして目の筋肉を動かすため、疲れ目の原因になるからです。こうした症状が表れている場合は、本人の不快さが生じることはもちろん、目の健康のためにも矯正したほうが好ましいでしょう。

乱視用コンタクトレンズの選び方

乱視用のコンタクトを作るときに注意すべきポイントを以下に挙げておきます。

レンズの安定性を重視する

乱視にはぼやける方向によって「縦乱視」「倒乱視」「斜乱視」といった種類があります。そのため、乱視をコンタクトレンズで矯正する場合は、レンズが目の中で正しい位置に固定されている必要があり、近視用のレンズのように回ったり動いたりしないようにしなければなりません。そのためにはレンズの安定性が非常に重要で、安定性を上げるにはある程度の厚みが必要。実際に付けてみて回転しないかどうかをチェックしましょう。

付け心地もしっかりチェック

コンタクトレンズは、厚くなるにつれて異物感が増し、付け心地は悪くなります。その分レンズのカーブや含水性などその他の機能によって異物感や違和感を軽減する工夫がなされているものも多いですが、付けた感触にはやはり個人差があります。試しに付けてみたときに、付け心地もしっかりチェックしましょう。

医師と相談して合うもの自分に合うタイプを選ぶ

乱視はそもそも治しにくいと言われていますが、症状が悪化すればするほど治療は難しくなり、そして矯正するためのレンズも厚くなっていきます。そのため、乱視は症状が悪化しないうちにできるだけ早めに眼科にかかり、医師と相談しながら自分の症状や感覚に合ったレンズを選ぶようにしましょう。

おすすめのワンデーコンタクトレンズを比較!

商品名 ルーナ クリアワンデー ワンデーピュアうるおいプラス ワンデーアキュビュートゥルーアイ メダリストワンデープラス エルコンワンデーモイスチャーUV
付け心地 潤いが続く 装用時の違和感がなく快適
1日中目が渇く感じがなく汚れもつきにくい 目に異物が入っている感覚がまるでない 視界がクリアでとても見えやすい コントラストがクリアで見えやすいが1日つけていると疲れてくる
含水率 55% 58% 46% 59% 38%
レンズ素材※汚れへの強さ イオン性 イオン性 シリコーンハイドロゲル 非イオン性 非イオン性
酸素透過性 薄型・高含水・マルチカーブデザインのレンズで酸素供給がよい 薄型・高含水レンズで酸素を多く届ける 新素材のシリコーンハイドロゲルで裸眼時のように酸素が届く 1日中つけた場合に必要な酸素透過率をぎりぎりクリア 酸素透過率はかなり低く、1日中つけるには望ましくない
価格税込 1,944円
1箱あたり
2,354円
1箱あたり
2,700円
1箱あたり
2,570円
1箱あたり
1,598円
1箱あたり
口コミ評価