ブルーライトが怖い!オフィスワークの人に適したコンタクトレンズはどれ?

ブルーライトが怖い!オフィスワークの人に適したコンタクトレンズはどれ?

ブルーライトが及ぼす影響とは?

毎日パソコンを使って仕事をする人の中にはすでにブルーライト対策について考えている人も多いと思いますが、ブルーライトとは、テレビやパソコン、スマートフォン、タブレットなどの電子機器の液晶画面に使われているLEDが発する青い光のことを指します。,

ブルーライトが人の身体に与える悪影響

ブルーライトは可視光線の中で最も波長が短いものですが、そのエネルギーは非常に強く、人の水晶体や角膜のさらに奥にある網膜まで届いてダメージを与えます。さらにブルーライトが及ぼす影響は私たちの目だけにとどまらず、紫外線と同じくメラニンを過剰生成させるため、シミの原因にもなるのです。

ブルーライトが引き起こす錯覚

またブルーライトは同じく青色を含む紫外線によく似た効果を持っています。この光を浴びることによって人は朝が来たと無意識に錯覚し、自然な入眠を妨げられてしまいます
夜寝るときにベッドに入ってスマホを見てはいけない、と言われるのはこのためですね。
冬になると街が美しくライトアップされますが、これもLEDを使用しています。その他の街のネオンや信号、あるいは家の中の照明にも今やほとんどLEDが使われており、私たちは日々ブルーライトを全身に浴びて生活しています。その上パソコンやスマホを1日に何時間も見る暮らしをしている人は、目や身体のために何かしらのブルーライト対策を考えるべきだと言えるでしょう。

ブルーライト対策に適したコンタクトレンズはある?

ブルーライト対策専用のコンタクトレンズというのは現在まだあまり開発されていないようですが、UVカット機能付きのコンタクトレンズでもブルーライトの浸透を抑えるのに効果があると言われています。また、レンズカラーによってブルーライトが目に浸透するのを抑えるタイプのレンズもいくつか出ています。
ただし、ブルーライトだけでなく紫外線対策に関しても言えることですが、それらの対策に適したレンズをつけているからと言って、万全とは言い切れません。ブルーライトをどうしても毎日大量に浴びざるを得ない日々を過ごしている人は、UVカット機能付きレンズを選んだ上で、さらにプラスαで行う対策として次項を参考にしてみてください。

ブルーライト軽減するための対策

①液晶フィルムを使う
パソコンやタブレット、スマートフォンの画面に貼るブルーライト対策用フィルムがあります。使う私たちの目を守ってくれるだけでなく、画面の保護にも役立ちますので一石二鳥ですね。画面の大きさに合わせて各種販売されています。

②ディスプレイの明るさを調整する
パソコンなどの電子機器でディスプレイがあるものはすべて明るさを調整することができます。これを下げることで浴びるブルーライトの量を減らすことが可能です。ただし、暗すぎて見えづらいとそれもまた視力を下げる要因となってしまいますので、まずは明るすぎないようにうまく調整してみましょう。

③青色の光の輝度を調整する
ディスプレイが発する光の中で、悪影響を及ぼすブルーライト、つまり青色の光だけを下げるという方法もあります。色のバランスを調整することになるため、デザインのお仕事をしているような方には不向きですが、そうでなければ有効な手段の1つです。

④ブルーライト対策アプリを利用する
スマホの画面から発するブルーライトを自動調整して軽減してくれるアプリがあります。
パソコン用にもブルーライトカットソフトがあり、フリーソフトもありますので、こういったガジェットに合わせて必要なアプリやソフトを利用するのもいいでしょう。

⑤ブルーライト対策用メガネをかけて作業する
ブルーライトをカットしてくれるメガネはいろいろと出ています。上記のような操作が面倒だという人は、メガネを作るときにブルーライトカット機能付きのレンズを選ぶといいでしょう。コンタクトユーザーなら、作業用に度の入っていないものを1つ用意しておくといいと思います。

おすすめのワンデーコンタクトレンズを比較!

商品名 ルーナ クリアワンデー ワンデーピュアうるおいプラス ワンデーアキュビュートゥルーアイ メダリストワンデープラス エルコンワンデーモイスチャーUV
付け心地 潤いが続く 装用時の違和感がなく快適
1日中目が渇く感じがなく汚れもつきにくい 目に異物が入っている感覚がまるでない 視界がクリアでとても見えやすい コントラストがクリアで見えやすいが1日つけていると疲れてくる
含水率 55% 58% 46% 59% 38%
レンズ素材※汚れへの強さ イオン性 イオン性 シリコーンハイドロゲル 非イオン性 非イオン性
酸素透過性 薄型・高含水・マルチカーブデザインのレンズで酸素供給がよい 薄型・高含水レンズで酸素を多く届ける 新素材のシリコーンハイドロゲルで裸眼時のように酸素が届く 1日中つけた場合に必要な酸素透過率をぎりぎりクリア 酸素透過率はかなり低く、1日中つけるには望ましくない
価格税込 1,944円
1箱あたり
2,354円
1箱あたり
2,700円
1箱あたり
2,570円
1箱あたり
1,598円
1箱あたり
口コミ評価