コンタクトレンズが初めての方は必見!コンタクトの種類と選び方ガイド

コンタクトレンズが初めての方は必見!コンタクトの種類と選び方ガイド

コンタクトレンズの種類

コンタクトレンズには大きく分けて2種類、ソフトコンタクトレンズとハードコンタクトレンズがあります。今は若干ソフトコンタクトレンズのほうが人気があるようですが、それぞれに特徴があり、つける人によって好みが分かれるところです。

ソフトコンタクトレンズ

その名の通り水分を含むやわらかい素材で作られたコンタクトレンズで、黒目よりも少し大きいサイズで作られています。目に馴染みやすくズレにくいため、つけ心地に違和感がなく、激しい運動をしても大丈夫というのが大きな特徴です。
【交換期間】1日、1週間、2週間、1ヶ月などの種類がある

ハードコンタクトレンズ

プラスチックで作られたコンタクトレンズで、現在は酸素を通す酸素透過性レンズが主流です。サイズは黒目よりもひと回り小さく、酸素透過性が高い、視界がはっきりしているといった特徴がありますが、ソフトレンズよりは装着したときの異物感があるので、その感覚に慣れるまでに多少時間がかかります。
【交換期間】2〜3年

コンタクトレンズの検査はどんなことをするの?

初めてコンタクトレンズを使うときは誰もが緊張した覚えがあるにちがいありません。しかし眼科検診を受けた後に、つけはずしの方法からケア方法までとても細かく指導してもらえます。コンタクトレンズは以下のような手順で購入します。

①問診
問診票に目に関しての必要事項を記入し、いくつか質問を受けます。

②オートレフ・ケラトメータによる検査
機械を使って目の度数とカーブを測ります。

③視力および自覚的屈折検査
裸眼の状態での視力を測り、近視・乱視・遠視などを含む度数を調べます。

④診察室での検査
専用の顕微鏡で目の健康状態を調べた後、コンタクトレンズの種類を決めます。

⑤トライアルレンズの装着
購入予定のレンズと同じトライアルレンズを目に入れた状態で目の状態をチェックし、カーブなどが合っているかをチェックします。

⑥細かい度数の調整
トライアルレンズをはめた状態でもう一度視力検査を行い、度数を決めます。

⑦コンタクトレンズの処方
検査結果をもとにして最適な種類・度数・カーブのレンズが処方され、現物を装着してみて視力や装用感をチェックした後、とりはずしやケアの方法について説明を受けます。
※初めての場合はここでとりはずしの練習をします。

メガネとコンタクトレンズの違い

視力が落ちてきて裸眼で過ごすことに不都合が出て来たら、メガネを作るかコンタクトレンズにするかがまず迷うところですよね。ではここでメガネとコンタクトレンズのそれぞれのメリット・デメリットを比較してみたいと思います。

メガネ コンタクトレンズ
メリット ・おしゃれアイテムとして使える
・目の病気になることはない
・磨くだけでお手入れ簡単
・裸眼と変わらない顔の印象を保てる
・視野が広い
・つけたまま運動ができる
デメリット ・フレームの形状によって視野が狭くなったり、ゆがんで見えたりする
・耳に負担がかかる
・毎日レンズのケアが必要
・正しいケアをしないと目の病気の原因になってしまう

初めての視力矯正アイテムとしてどちらを選ぶかというときに決め手になるのは、やはり自分の見た目の印象をどうしたいかということがポイントになるのではないかと思います。メガネというと「ダサい」アイテムだったり、逆にメガネをかけていると「頭がよさそう」という印象があったりした時代もありましたが、今では「メガネ男子」という言葉があるくらいおしゃれアイテムとして取り入れている人が多くなりましたよね。その一方で、カラーコンタクトや黒目を大きく見せるコンタクトなるものが発売され、コンタクトをおしゃれに使う人も出て来ました。

実際にメガネやコンタクトを使ってみたことがある人が、コンタクトレンズのケア方法の煩雑さ、あるいはメガネをかけたときの視界の狭さなどを理由にもう一方に乗り換えるということはあるでしょう。そう考えるとやはりどちらかがいいということではなく、使用する人の求めるものによってベストの形は変わってくるということだと思います。

おすすめのワンデーコンタクトレンズを比較!

商品名 ルーナ クリアワンデー ワンデーピュアうるおいプラス ワンデーアキュビュートゥルーアイ メダリストワンデープラス エルコンワンデーモイスチャーUV
付け心地 潤いが続く 装用時の違和感がなく快適
1日中目が渇く感じがなく汚れもつきにくい 目に異物が入っている感覚がまるでない 視界がクリアでとても見えやすい コントラストがクリアで見えやすいが1日つけていると疲れてくる
含水率 55% 58% 46% 59% 38%
レンズ素材※汚れへの強さ イオン性 イオン性 シリコーンハイドロゲル 非イオン性 非イオン性
酸素透過性 薄型・高含水・マルチカーブデザインのレンズで酸素供給がよい 薄型・高含水レンズで酸素を多く届ける 新素材のシリコーンハイドロゲルで裸眼時のように酸素が届く 1日中つけた場合に必要な酸素透過率をぎりぎりクリア 酸素透過率はかなり低く、1日中つけるには望ましくない
価格税込 1,944円
1箱あたり
2,354円
1箱あたり
2,700円
1箱あたり
2,570円
1箱あたり
1,598円
1箱あたり
口コミ評価