カラコンの度や乱視のあり・なしはどう違うかについて詳しく解説しています。

カラコンの度や乱視のあり・なしはどう違うの?選ぶときの注意点

カラコンの度のあり・なしの違いとは?

コンタクトレンズを使う方が徐々に増え始め、カラコンに興味を持つ女性も多くなってきています。カラコンはオシャレのためのアイテムとして使うことができ、ナチュラルな雰囲気のまま少し印象を変えたい、という場合にも手軽に使えるカラコンがあることを「カラコンで簡単にオシャレをプラスしよう!カラコンの魅力とは?」でお話ししましたね。こうした魅力があると、本来はコンタクトレンズが必要ない方でもオシャレのためにカラコンを使いたい、と考えるのも当然といえます。

そんな方のために度が入っていないカラコンも出回っており、芸能人や人気モデルがプロデュースしているようなカラコンもあります。基本的にカラコンに度が入っているかいないかはそのままで、矯正度数が入っているか、視力補正があるかどうかの違いです。

ただし、以前は度なしのカラコンは「雑貨」として販売されていたのですが、現在は直接目に触れる関係から法改正が行われました。医薬品医療機器法の規制対象として高度管理医療機器となっているため、販売には都道府県知事の販売業許可、販売管理者の設置が義務付けられています。「カラコンは安全なの?目のトラブルを起こす粗悪品を見分ける方法」で詳しく解説していますが、パッケージに「高度管理医療機器承認番号」が入っていることは必ず確認しましょう。

カラコンに乱視用はある?乱視用カラコンを探す際の注意点

メガネやコンタクトレンズには、乱視の矯正ができるものもあります。乱視というのは簡単にいうとピントが合わない見え方のこと。よく聞く近視や遠視は見ているものとの距離によって見え方が変わりますが、乱視は距離に関係なく見ているものがぼやけて見えてしまいます。

人間は誰しもある程度は乱視であることが多いのですが、程度は人によって違い、強い乱視の場合はぼけて見える度合いも大きくなります。脳はピントが合っていないと判断すると筋肉を動かすことでピントを合わせようとするため、疲れ目の原因にもなります。中には視力の矯正は必要なくても、乱視だけ矯正したい、という方もいると思います。

そんな乱視用のコンタクトレンズも展開はされているのですが、乱視矯正がないものに比べるとやはり少ないですし、カラコンになると極端に数が少なくなります。ここで注意したいのが、先程も説明した「高度管理医療機器承認番号」です。海外製のカラコンだと乱視用が見つかることもあるものの、目のトラブルは突き詰めれば失明のリスクにつながることもあるため、安全性の確認は怠らないようにしましょう。

おすすめのワンデーコンタクトレンズを比較!

商品名 ルーナ クリアワンデー ワンデーピュアうるおいプラス ワンデーアキュビュートゥルーアイ メダリストワンデープラス エルコンワンデーモイスチャーUV
付け心地 潤いが続く 装用時の違和感がなく快適
1日中目が渇く感じがなく汚れもつきにくい 目に異物が入っている感覚がまるでない 視界がクリアでとても見えやすい コントラストがクリアで見えやすいが1日つけていると疲れてくる
含水率 55% 58% 46% 59% 38%
レンズ素材※汚れへの強さ イオン性 イオン性 シリコーンハイドロゲル 非イオン性 非イオン性
酸素透過性 薄型・高含水・マルチカーブデザインのレンズで酸素供給がよい 薄型・高含水レンズで酸素を多く届ける 新素材のシリコーンハイドロゲルで裸眼時のように酸素が届く 1日中つけた場合に必要な酸素透過率をぎりぎりクリア 酸素透過率はかなり低く、1日中つけるには望ましくない
価格税込 1,944円
1箱あたり
2,354円
1箱あたり
2,700円
1箱あたり
2,570円
1箱あたり
1,598円
1箱あたり
口コミ評価